第3話 子ども達のパワー

まず、飛び込み実演をしたのは大阪北区の淀川南100m、まわりの三面は住 宅で、東側は新築マンションに囲まれたこじんまりとした街中の空き地の様な小公園でした。
この小公園は熱気に満ちあふれているのです。西側半分に小学生3~4年生の20人位が思いっ切り軟式の野球に取り組んでいます。
その横側におそれる気もなく幼稚園児と思われる、1~2年生の男女が鉄棒をしたり、ママごとをしたり、砂遊びに夢中にになっているのです 。昨今の様に大人が子供には付いていませんでした。
この小公園は、公園の隅から隅まで100%子供達の思い思いの遊びの広場と生かされているのです。遊びがそれぞれに住み分けられていて、一つ一つを見れ ば、雑然としていますが、上空から見ると、整然として、統一されて廻っているはずです。
言葉では表現できない雰囲気と現象です。こんな広場に飛び込めば、現代の子供の不登校やウツ病なんて一秒間で消えうせるでしょう。
この公園の片隅に紙芝居用自転車を乗り入れたら大変です。アッと思う間もなく、野球少年20人に取り囲まれ、すごまれてしまうのです。
こんな場合の対応が、実は今後の街頭紙芝居人生の成功か不成功かを決定すると同時に、子供達のエネルギーを理解する最高のチャンスなのです。
詳細については、今年の桜の花咲く季節の前後に、出版予定の「紙芝居が始まるよ」の本に書く予定です。

さて、第1話に約束していました、「紙芝居師」の呼び名の件ですが、平成11年5月31日、毎日新聞夕刊取材の若い記者とのやりとりの中から生まれたもの なのです。
実は、家庭の主婦が気まぐれに幼稚園などでやっていたり、病院などで手書きで簡単な絵を画いて、患者さんに見せていたり、己はプロだと言いながら、1ヶ月 に1~2回、集会所などでやっていたり、それが、すべて紙芝居の3文字で片付けられているので、日頃から憂うつでした。
毎日2~3ヶ所、生活をかけて1ヶ月千人以上の子供達を集めて必死に演じているプロ紙芝居の私はいったいなんだと悩みました。
記者さんとの会話の時に、プロ紙芝居と、気まぐれなボランティア又はアマチュア紙芝居の区別の意味で「紙芝 居師」と表現してほしいと言ったことから、日本で初めて紙芝居師の印刷文字が新聞紙上に表れたのです。すると、すごいですねぇ。一週間 もたたずに、各新聞社の記事が、あの気まぐれなオバチャン紙芝居もすべて紙芝居師に表現されて来るのです。私の思いが完全にくつがえされてしまいました。
くやしい、くやしい、と思いながらも反面、私の名付けが世間が待ち望んでいたんだと思うと、何か世の中に良い事をさせていただいた様で、陽気が体に満ちて 来るのです。
いたちごっこですが、そこで又生まれました。その生まれた言葉が、「プロ紙芝居師」の名 前です。
さすが、世間様はかしこいです。
その後、プロを名乗る紙芝居師は誰もいないでしょう。毎日街頭で年間、最低でも600回以上26年間やり続けて来ていますので、言葉遊び印刷記事では出来 ないのです。
プロを名乗ると世間の感覚もピシッとしまるものです。すると今度はプロ紙芝居師の心を知りたがるのです。
その心とは……? 果たして何であろうか? 次回のお楽しみ…。

Comments are closed.